Top > 注目 > 全ての借り入れを合わせた金額

全ての借り入れを合わせた金額

法律で定められたキャッシングに関する規制というと総量規制が一番ポピュラーかと思います。

 

これは、借り入れ可能額が年収の3分の1といった規制です。

 

消費者金融にこの規制は適用されますので、銀行はこの法律とは別の管轄の法律であるため、適用されることはありません。

 

また、他社でもうキャッシングしている時はそれらも含めた借金総額が判定額になります。

 

キャッシングとカードローンは似た感じでATMで借りることができるので違いが理解しにくいですが、返済方法が違うのです。

 

キャッシングの大多数が一括払いで、カードローンの大多数が分割払いで利用しています。

 

ですが、ここ最近ではキャッシングでも分割やリボ払いの利用ができるところもありますので、はっきりとした区別が徐々に失われてきています。

 

現在、無職だとキャッシングによる借り入れは難しいといわれていますが、言われているほど難しいことではありません。

 

ネットを通した仕事などで稼いでいる人は自営業になりますし、フリーターや自由業とすれば無職という必要はありません。

 

しかし、今までのキャッシング件数が多かったり、全ての借り入れを合わせた金額が多すぎる人、電話などで在宅確認が得られなかった場合は、新たに借り入れすることは難しいため、自分が当てはまるかどうか考えてください。

セルノート楽天

注目

関連エントリー
いろんなサロンに通ってみて分かることって?全ての借り入れを合わせた金額無添加で天然素材の葉酸サプリ気になってしまったサプリメントの評判フラッシュモブ結婚式を京都でパールホワイトの口コミで気が付いた事家電にお金をかけないでマイネオ キャンペーンuqmobile iphone海外旅行ももっと行きたいとはインターネットの誹謗中傷は削除することが出来る